各主要部門の主な業務

ESG および気候変動委員会

全面的に水平展開のリソースを計画・統合し、国際基準に対して積極的に取り組むことで、企業の社会的責任 (CSR) を果たしつつ、コーポレートガバナンス、環境保全、社会福祉に対する利害関係者の期待に応え、持続可能な企業に発展していきます。

技術研究開発グループ

ディスプレイに係る先進技術の研究開発および新製品の開発設計。

製造運営グループ

ディスプレイ製品に係る製造工程および製造の計画・管理、並びに原材料および完成品の計画・管理。

ディスプレイ戦略事業本部

ディスプレイ関連の全方位型スマートソリューションの提供、及び、テレビ、IT、モバイルデバイス、車載向け等のディスプレイ製品の計画、販売、マーケティング、カスタマーサービスを包括的に提供。

システムソリューション事業本部

リテール、運輸、工業、商業等の分野に向けた全方位的なスマートシステムとトータルソリューションサービス及びマーケティングサービスの提供。

エネルギー事業本部

高効率ソーラーパネル、全方位型発電設備設置サービスおよびエネルギー管理高度統合サービスプラットフォームの提供。

中国事業本部

中国本土のディスプレイ事業の管理運営、開発、技術サポート。

グローバルビジネス開発本部

日本、アメリカ、韓国、ヨーロッパの海外支店のディスプレイ事業の管理運営、開発、技術サポート。

サプライチェーン本部

購買、輸出入等の関連管理を統括。

環境安全兼リスク管理所

環境・安全・衛生及び運営リスク管理の研究と計画。

運営サポート部門

財務、法務、永続的な発展、人事、デジタルテクノロジー、運用リソース管理、事業開発戦略、新規事業への投資

反トラスト法順守最高責任者

会社における国内外の反トラスト関連法規の順守における最高責任者。反トラストに関するリスクを評価、低減し、また、各種のリスクに対する戦略的なアドバイスを行い、安定かつ永続的な反トラスト順守システムを構築することで、反トラストの順守と会社のビジネス利益の長期的な発展の二つを同時に推進することを目標とする

監査管理

内部監査と作業プロセス管理

彭双浪

彭双浪

代表取締役兼 CEO

彭双浪氏は、AUO の代表取締役兼 CEO として、オプトエレクトロニクス業界のアップグレードに取り組む過程で、会社の価値転換を積極的にリードしてきました。内部的には、グループのリソースを統合し、強力な研究開発力を基盤として、スマートソリューションを展開してきました。対外的には、エコシステムパートナーと連携し、ディスプレイ業界のバリューチェーンを拡大するとともに、規模の競争から脱却して、市場における AUO の主導的地位を確立しました。

 

IT業界に身を投じてすでに 30 年以上となる彭氏は、ディスプレイ業界における豊富な経験を擁し、数々の要職を歴任してきました。AUO の中国蘇州工場の総経理を務め、AUO 初の海外生産拠点を構築しました。その後、複数のディスプレイ製品事業グループを率いてグローバル市場で開拓・展開を進め、ハイエンド製品における AUO のニッチな地位と強固な顧客基盤を確立しました。2012 年に社長に昇格し、経営陣を率いて組織改革を加速させ、強固な企業体質を作り上げています。2015 年から現在に至るまで AUO の代表取締役を務め、業界における AUO のグローバルな影響力を強固なものにしています。

 

彭双浪氏は、台北市コンピュータ協会 (TCA) の現理事長、台湾ディスプレイ産業連合総会 (TDUA) の前理事長として、産業チェーンの分野横断的な統合とリソース共有を積極的に推進しており、国際情報ディスプレイ学会 (SID、The Society for Information Display) から「David Sarnoff Industrial Achievement Award」を受賞しています。また、行政院の科学技術会報委員として、国のデジタル技術の応用とイノベーション発展政策の推進を担っています。持続可能な企業戦略を更に発展させ、持続可能な産業のバリューチェーンを構築し、共有価値を創造する取り組みにおけるその功績が評価され、AREA (Asia Responsible Enterprise Awards) の「責任あるビジネスリーダーシップ賞」と、台湾永続能源研究基金会 (TAISE) の「グローバル企業永続傑出人物賞」を受賞しています。潘文淵文教基金会の「ERSO Award」を受賞し、AUOを率いて、ディスプレイ技術と革新的アプリケーションの統合による価値転換を推進し、多角的に広がる経済分野とエコシステムの連携に取り組んでいます。

 

イギリス Heriot-Watt University の経営管理修士号を取得、更に台北科技大学名誉経営博士号を取得しています。

柯富仁

柯富仁

社長兼 COO

AUO (友達光電股份有限公司) の社長兼 COO である柯富仁 (Frank Ko) 博士は、会社の事業発展方向と戦略方針の策定を担っています。高付加価値化に向けたディスプレイ技術の革新を推進し、チームを率いてディスプレイ技術アプリケーションの無限の可能性を追求しています。さらに、柯博士は、垂直分野のソリューションを拡張することで、領域経済を展開し、業界横断的な産業提携を戦略的に推進して、エコシステムによるAUOの革新的な事業展開を計画しています。

 

20 年以上の経験とディスプレイ産業への深い情熱を持つ柯博士は、AUO の設立初期に入社して以来、新技術の研究開発、プロセスと統合、製品マーケティングなど、さまざまな分野で職務を歴任してきました。2005 年から 2010 年までは、テレビディスプレイ事業グループの関連業務を担う責任者として、グローバルにテレビブランドの顧客を深耕し、中国市場にも大きく進出して、AUO を液晶ディスプレイの世界的なリーダーとして確立させました。その後、技術および戦略部門副社長も務め、会社の将来を見据えた技術や戦略方針をリードしてきました。2014 年、柯博士は元太科技工業股份有限公司 (E Ink Holdings Inc.) の代表取締役兼 CEO に就任し、エコシステムパートナーと連携しながら、E-paper のさまざまな分野における革新的な応用に貢献しました。

 

また、台湾ディスプレイ産業連合総会 (TDUA) の理事長、スマートディスプレイ産業連盟 (SDIA) の会長を務め、ディスプレイ技術の産業横断的・分野横断的な協力を推進する役割を担い、台湾の国際競争力強化に取り組んでいます。その製品技術に対する先見性と洞察力が評価され、2019 年度ゴールド・パネル・アワード・ディスプレイ製品技術部門の「最優秀貢献賞」を受賞しています。

 

国立交通大学 (National Chiao Tung University) 光電学部博士号を取得しています。

廖唯倫

廖唯倫

Chief Technology Officer

廖唯倫氏は AUO の最高技術責任者として、技術研究開発グループを率い、会社の技術発展に関する戦略および展開を描いています。その主導する先端ディスプレイ技術の研究開発において、AUO は世界のディスプレイ技術の分野をリードする位置づけを維持し続けるとともに、多様なスマートアプリケーションの深化と発展を続けています。また、同氏は次世代の技術者を育成するため、産学間の橋渡しを積極的に行っています。

 

廖氏は、ディスプレイ技術の分野で 20 年以上にわたる経験を擁し、1998 年に AUO に入社して以来、生産・製造、製品の研究開発、先進技術センターおよびビデオ製品事業グループなどのさまざまな要職を歴任してきました。会社が優位性を持つ技術的強みに焦点を当て、未来のトレンドとなるアプリケーション分野を開拓し、新しい消費者体験を創造することで、会社の長期的な技術開発に確固とした基盤を築くことに貢献しています。2018 年にシニアバイスプレジデント兼最高技術責任者に昇格し、会社の価値転換の過程で、エコシステムパートナーと連携し、より多くの革新的アプリケーションの実現に向けて取り組み続けています。

 

国立交通大学博士号 (応用化学) を取得しています。

陳建斌

陳建斌

ディスプレイ戦略事業本部上席副社長

陳建斌氏は、現在 AUO ディスプレイ戦略事業グループ上席副社長として、各種ディスプレイ事業部門の製品企画、マーケティング戦略、営業、カスタマーサービス等を統括し、幅広いスマートソリューションを提供しています。また、グローバル市場における AUO の戦略立案責任者として、チームを率い海外事業展開を進めています。

 

1999 年に AUO に入社し、研究開発、製品マーケティング、製造などの幅広い職務経験を有しています。2005 年から 2009 年まで、デスクトップディスプレイ、インフォメーションディスプレイ製造センター、太陽光発電事業部を歴任しました。その後、モバイル製品事業部、ビデオ製品販売本部副社長に昇格し、2020 年にコンシューマーアプリケーション戦略事業本部副社長に就任しました。

 

国立交通大学で制御工学修士号を取得しています。

曽天龍

曽天龍

システム設計・製造サービス本部副社長

曽天龍氏は AUO システム設計・製造サービス本部副社長であり、ディスプレイシステムの製造とアプリケーションサービスを担当しています。

 

2019 年に AUO に入社しAUO 入社前は台湾フィリップス ODM 社長、TPVテクノロジー COO、液晶テレビ・モニター事業社長、Qisda スマートソリューション事業グループ社長を歴任し、垂直アプリケーションの開発に精通し、豊かな管理経験を有しています。

 

フロリダ大学インダストリアルエンジニアリング、オペレーション研究所で修士号を取得しています。

林恬宇

林恬宇

エネルギー事業本部副社長

林恬宇氏は AUO エネルギー事業本部副社長です。1998 年にAUO入社後は、製造、品質管理など様々な業務に従事してきました。2008 年、友達光電蘇州有限公司に副社長として赴任し、会社の運営管理、発展を担いました。2009 年、BenQマテリアルズに偏光板事業責任者として出向し、2010 年から 2015 年まで BenQ マテリアルズ社長を務めました。2015年、AUO に戻り、オーディオビデオ製品ビジネスグループ製品事業部門および太陽光発電事業本部部長に就任。2018 年、モバイル製品ビジネスグループ副社長に昇格し、同年、ビジネスグループ副社長に就任。2020 年、エネルギー事業本部副社長に就任しました。

 

中原大学工業光学インダストリアルエンジニアリング研究所で修士号を取得しています。

楊本豫

楊本豫

新事業・投資管理本部副社長

楊本豫氏は AUO 新事業・投資管理本部副社長として、当社の新規ビジネスの発展、価値転換型戦略投資の展開を担っています。2002 年に AUO に入社し、AUO 中国大陸工場エリア CFO、AUO 財務本部統括部長などの要職を歴任してきました。2009 年から AUO 財務部長を務め、2015 年には最高戦略責任者に任命されました。2018 年には新規ビジネス・投資管理本部副社長に就任し、現在では AUO MegaInsight、Edgetech、AUO Care といった AUO 新規ビジネス子会社の代表取締役を兼任しています。

 

AUO 入社前はABNアムロ銀行でコーポレートファイナンス部部長を務め、国際金融、中台財務運用、戦略的投資計画などに精通しています。

 

国立台湾大学で財務金融学科学士、アメリカのジョージ・ワシントン大学で MBA を取得しています。

曽煜智

曽煜智

CFO / スポークスマン

曽煜智氏は AUO の CFO (最高財務責任者) 兼スポークスマンとして、会社のグローバルな財務戦略立案とリスク管理、主要な財務プロジェクトの推進、コーポレートガバナンスの監督、投資家向けコミュニケーションを担当しています。ビジネス市場の的確な分析と将来を見据えた洞察力で、数々の戦略的投資の推進に携わり、会社の価値転換の過程で健全な財務体質と安定した経営業績の維持に貢献してきました。

 

2008 年に AUO に入社し、台湾と中国で財務管理関連の役割を担ってきました。豊富な専門知識と実務経験を持ち、2015 年に最高財務責任者に昇格しました。その一方で、コーポレートガバナンスを確立し、株主の利益を守り、取締役会の機能を強化することにも力を注いでいます。

 

AUO に入社する前は、中強光電社と ABN アムロ銀行に勤務していました。財務の専門分野で 20 年以上の経験を持ち、幅広い業界経験を有しています。

 

アメリカロチェスター大学経営管理修士号を取得しています。

謝忠賢

謝忠賢

デジタルチーフ

謝忠賢氏は AUO の最高デジタル責任者として、AI、IoT 技術を活用した業務プロセスの俊敏な変革を推進し、グループのスマートトランスフォーメーションを加速する舵取りを担っています。

 

1999 年に AUO に入社した謝氏は、ディスプレイ業界で 20 年以上の経験を擁しています。品質管理、モバイル製品製造本部、サプライチェーン本部等で要職を歴任し、製造および運営において豊富で包括的な経験を蓄積しています。2013年には、モバイル製品製造本部副社長に昇格し、2016年からはサプライチェーン本部副社長を務め、2018 年に最高情報責任者、2020 年にはデジタル技術開発本部の最高デジタル責任者に就任しました。

 

清華大学で電気工学の修士号を取得しています。

古秀華

古秀華

Chief Sustainability Officer

古秀華氏は、AUO の最高サステナビリティ責任者 (CSO) として、会社のサステナビリティポリシーと戦略方針をとりまとめ、利害関係者への対応とコミュニケーションを監督しています。会社における持続可能な文化の構築に尽力し、会社のコアバリューを国連のサステナビリティ目標と一致させ、ESG課題を会社のオペレーション上の意思決定に統合し、サステナビリティの 3 つの柱である環境の持続可能性、インクルーシブな成長、フレキシブルなイノベーションに対する会社の影響力向上を継続的に推進しています。

 

また、チームを率いて、気候変動に関する国際的な共同イニシアチブに積極的に取り組んでいるほか、会社の気候変動対策方針を強化し、バリューチェーンと連携して低炭素のイノベーションに注力しており、持続可能なゼロ炭素のビジョンの実現に向けて、業界を超えた取り組みを推進しています。

 

古秀華氏は 2004 年にAUOに入社し、会社のHR業務において、グローバルなコラボレーションと従業員エンゲージメントの向上、ビジネス戦略と企業文化の連携強化を担当しました。2013 年にはHRセンター副社長に昇格しました。2018 年に CSO に就任し、会社のサステナビリティ目標を推進・深化させるための斬新な企業変革を始動させています。

 

古秀華氏はその企業サステナビリティへの優れた貢献が認められ、2021 年「アジアトップサステナビリティスーパーウーマン賞」(Asia's Top Sustainability Superwomen) を受賞しました。

 

国立中央大学のヒューマンリソース (HR) 修士号を取得しています。

Next Section
経営理念