small font  middle font  big font  print 
AUOの視覚に対する工夫
液晶分子の六百倍の倍率

AUOは世界トップクラスのグリーン企業を目指して取り組んでおり、またユーザーに多様化した応用製品と技術を提供するよう努力している。明るくて美しいイノベーション、 素晴らしいライフスタイルを提供することはAUOのビジョンであり、また我々の視覚に対する努力の目標でもある。

AUOはTFT-LCD産業において先導的な地位にあるのは、我々の研究開発に対する重視と執着によるものだと思う。我々は引き続き製造技術の改善に取り組むほか、製造過程をさらに簡素化させ、高度なオートメーション化および部品を減少させる努力を通じて、生産効率を上げ、生産高を増加させるとともに、製品の品質を向上していく所存である。

そのほかに、AUOも超広視野角、高開口率、応答速度が速く、反射式パネル、半透過反射式パネル技術を開発し、高輝度と広視野角のほうにおいても突出した成果をあげた。AUOは2003年に世界をリードして16MM秒応答速度のパネル技術を発表して以来、その後12MM秒、8MM秒と2005年に発表された2MM秒応答速度の据え置き型ディスプレーパネル、いずれも業界をリードしたもので、AUOが国際市場における製品の仕様を制定する力を物語っている。2006年、AUOは一括的に液晶テレビの四大技術を発表し、それはAMVA超広視野角の高コントラスト比技術、ASPDの動態映像画質改善技術、APEの映像レベルをさらなる引き出す技術、およびHiColorカラーフル技術などを含め、AUOの液晶テレビディスプレー技術の持続的なイノベーション力を象徴している。2007年から、AUOは「エコ節電」、「軽薄簡素」技術の発展に取り組んでおり、企業の力を通してニューテクノロジーを開発し、地球の二酸化炭素削減に手伝い、それと同時に人間にもっと効率的なデジタルライフスタイルに享受できるようお手伝いをさせていただく。

AUOのR&Dセンターは成熟した生産技術と迅速的に市場動向を反応する優位性をベースにして、製造過程技術と製品の開発に取り組んだことによって高競争力を維持しようとしている。我々はユーザーと密接に協力し、共同に市場のニーズに合致できるような製品を開発している。そのほかに、工場にサポートするため、我々は製造過程の研究開発チームがあって、製造過程技術の改善と向上に取り組んでおり、およびICTエンジニア専門チームがICTのソフトウェアやハードウェアの生産上における応用の問題を統合している。

2004年、アメリカのビジネスパテントデータベース(IFI Claims Patent Services)がアメリカのパテント数成長が最も速いベスト10を公表し、AUOは年成長率98%ということで第5位にランキング付けられた。2005年、AUOはIBMの百以上のパネル技術に関するパテントを取得した。2014年3月まで、AUOの許可された特許数は 17,100 件近くに上り、申請の特許も 23,100 件近くある。AUOの特許技術における努力と布陣が、再度当社のフラットディスプレー技術のリード的な地位をクローズアップしている。

AUOは台湾において多くのナンバーワン記録保持者:

  • AUOはテクノロジーセンター(ATC)を成立し、全国最大な光電センターとなり、技術プラットホームを構築。
  • 2002-2011年に、特許申請数が連続に国内のフラットディスプレー産業のトップの座となった。
  • 率先に反射式のTFT-LCDパネルを生産し、無線および低消費電力の小サイズアプリケーション製品に応用させた。
  • 第3.5世代、4世代、5世代、6世代、7.5世代と8.5世代工場は国内で率先的に量産した。
  • 業界をリードして、ICチップをガラス基板に結合させて(COG技術)、原材料のコストダウンするとともに、製品の品質を向上した。

 

AUOテクノロジーセンター

TFT- LCD技術が日々進化し、迅速的に市場のニーズに反応するため、我々は絶えず研究開発に取り組んでいくことは、成功にまい進する重要な道だと確信している。AUOは台湾最大級のR&DセンターAUOテクノロジーセンター(ATC)を構築し、前向きな技術研究開発、技術プラットホームと短期製品研究開発など三段階を同時に発展させ、それぞれ新技術、新しい製造過程と製品の改良技術、およびこれから1年半のうちに市場に出回る産品を重点研究開発の項目にして、垂直的にイノベーション技術を発展させ、水平分業して加速的に製品の研究開発に取り組んでおり、AUOのTFT-LCD産業、これからのゴールデンマップを切り開いてくれた。

「明るくて美しいイノベーション、 素晴らしいライフスタイル」というビジョンと「世界トップクラスのグリーン企業になる」という心理に駆動された元において、イノベーションと研究開発はずっとAUOが堅持している指針である。AUOは2002年の暮れに台湾最大級のR&Dセンターを成立し、正式に「AUOテクノロジーセンター」と命名し、新竹サイエンスパークにあるAUO本部には研究開発人員が 2,500 人を超えている。全国最大な光電研究開発基地で、また世界屈指のフラットディスプレー技術の研究開発センターでもある。2005年の年末にAUOテクノロジーセンターは中部サイエンスパークに進出し、中部台湾初めてのハイテクノロジー研究開発基地となった。

我々は快速的に知的財産権の数を累積してきたことを強調し、当社の研究開発パワーを増加させたいと考えている。AUOが創立されて1年内に、申請中或いは許可された特許数は倍ぐらい成長した。
2015年3月まで、AUOの許可された特許数は 17,100 件近くに上り、申請の特許も 23,100 件近くある、国内のパネルメーカーの特許申請数のトップの座を輝いた。